池高智弘いけたか ともひろ

好きな言葉
「発せずして通らず」
2020年の理想とGAPの埋め方
会社が自身に求めているレベルまで達すること。
ギャップをどう埋めるか
常に先進的に行動し、好奇心を持ち、積極的に行動していく。

石黒絵寧いしぐろ かいね

好きな言葉
「幸せは普段の生活」
2020年の理想とGAPの埋め方
社会人2年目は人脈があつく、好奇心を持ち続け、笑顔の絶えない日々を送りたいです。また、日本だけでなく海外の企業とも取引のできるようなひとになりたいです。
そのために私は関わった全てのひとを大事にし、人の意見を聞き私の考えの幅を更に広げていかなければなりません。普段の生活の幸せさにありがたみ を感じる事も忘れずに、英語力を伸ばしていきたいです。そして、私だけでなく周りの人をも笑顔にしていきたいです。

榎本 椎菜えのもと しいな

好きな言葉
「花からはじまる花はない」
2020年の理想とGAPの埋め方
私の2020年の理想は、初心を忘れずに常に努力し続けること、周りを大切にすることです。花からはじまる花はない、の言葉通り花を咲かすために常に全力で、前向きに努力をし続ける人でありたいです。
現在の私の長所は、常に周りの立場になって物事を考え、仲間を大切にしていることです。
20年間で出会ってきた仲間が居なければ今のわたしはいませんし、20年目で出会った皆のおかげで、もっと私は成長できると期待しています。周りに感謝の気持ちを忘れずに、みんなで一緒に成長できるよう沢山新しい挑戦をしていきたいです。

大城凛香おおしろ りんか

好きな言葉
「かんじんなことは、目に見えない」
2020年の理想とGAPの埋め方
私は2020年には、「夢中になれるものがある大人」になっていたいです。私にとって「大人」とは、1歩先を見た行動や発言ができ、周りが頼りにしたいと思うような存在です。そんな「大人」になっても、「私はこれが大好きなんだ」と胸を張って言える、夢中になれるものがあれば素敵だなと思います。それは仕事でも人でも趣味でもいいと考えています。
そのために、自分に影響を与えてくれる人や今しかできない事を大切に日々過ごしていきたいです。その場の出来事に一喜一憂するだけでなく、いい事も悪い事も今後にいかしていけるよう努力します。

大坪夕起おおつぼ ゆうき

好きな言葉
「愛されたいなら、愛し、愛らしくあれ」
2020年の理想とGAPの埋め方
2020年の自分は芯のある愛される人間になりたい。周りの人を大切にし、笑顔にできる存在でありたい。人生をハッピーに過ごすために、たとえ困難が訪れても立ち向かう精神を大切にしてステップアップできる人生でありたい。

荻原萌々佳おぎわら ももか

好きな言葉
「どの道も歩いてみれば花ざかり」
2020年の理想とGAPの埋め方
2020年の私は社会人として責任感を持ち、熱心に働いていると思います。そして人として信頼される人間になれるように努力していると思います。辛いこともたくさんあると思いますが逆境に負けず自分の道を突き進んでいきたいです。そのために自分を信じ、成長していきたいです。

柏木風我かしわぎ ふうが

好きな言葉
「幸せとは、今自分が『幸せ』だと言えること」
2020年の理想とGAPの埋め方
2020年の私は24歳で社会人2年目になっている。社会人2年目ということはしっかりとその職について慣れて「戦力」として貢献していたい。そのためには自分で考え、行動していきたい。正しい判断は自ずと結果としてついてくると思っている。そのためには学生のうちに多くの経験をしていくことが必要になってくる。自分の考えに軸を持ち、責任を持ち、自身を持って行動して行きたい。

河合真祐理かわい まゆり

好きな言葉
初心を忘れないこと
2020年の理想とGAPの埋め方
新しい場所で沢山の人に出会いながら仕事にも慣れてきていると思います。Gapを埋めるためには初心を忘れずに先生や先輩方から与えて頂いたチャンスを逃さないようにします。

川口稜太かわぐち りょうた

好きな言葉
「PKを外すことが出来るのは、PKを蹴る勇気を持った者だけだ。」
2020年の理想とGAPの埋め方
2020年の自分には、常に「向上心」と「挑戦」を忘れないで過ごして欲しいと思っている。人生は一度きりであり、時間は無限ではなく有限だ。誰かが何となく過ごしている時間も、自分にとっては密度の濃い時間になるよう意識して過ごして欲しいと強く思う。そのために、仕事には常に「向上心」を持って取り組み、自分のやってみたいと思う事には積極的に「挑戦」することが大切であると考えている。自分が思い描く将来像に辿り着くには、多くの時間を要し、様々な苦難困難に直面し、多くの失敗をすることだろう。しかし、その時間や失敗は成功するための一番のヒントになるという事を頭に入れ、「挑戦」することをやめない人になっていて欲しい。その理想を現実にするために、学生である今からその2つを意識して生活することが大切であると考えている。

清原功貴きよはら こうき

好きな言葉
「人生における最大の喜びは、『君にはできない』と世間がいうことを成し遂げることである」
2020年の理想とGAPの埋め方
2020年の私は、失敗を恐れず何事にも挑戦する人でありたい。例え挑戦した結果が失敗であろうとも、挑戦する過程から学ぶことは沢山ある。そして、その失敗は成功に繋がるだけでなく、自分自身を更なる高みへと導いてくれると私は考える。
そのために、ゼミでの活動などを通して様々なことに挑戦する姿勢を身につけるだけでなく、ここに集まった仲間たちと共に、今この瞬間を大切にしながら互いに刺激しあい、社会人としての新たなスタートラインに立つ準備を整えていきたいと思う。

清水愛季子しみず あきこ

好きな言葉
「思いのまま生きる」
2020年の理想とGAPの埋め方
2020年の理想の自分は「初心を忘れず、変化すること」です。
社会人2年目で環境に慣れる時期ですが、初心を忘れずさらなる向上心を高く持っていたいです。また、東京オリンピックなど社会でも大きく変わる年になると思います。私自身も現状に満足せず、大きな挑戦をしたいです。
そのために目の前にある一つ一つの課題を解決し、大きな目標に向け進んでいきたいです。

清水ケイトしみず けいと

好きな言葉
「なりたかった自分になるのに遅すぎるということはない。」
2020年の理想とGAPの埋め方
4年後の2020年は、社会人になって2年目という忙しい時期だと思うけれど、現状に満足せず、常に向上心を持って様々な事に挑戦し続けていたいです。
理想の自分とのGAPを埋めるためには、時間がある学生のうちに学びたいと思っている事を行動に移し、たくさんのことを経験して成長したいです。

高橋菜々子たかはし ななこ

好きな言葉
「意志あるところに道は開ける」
2020年の理想とGAPの埋め方
常に向上心を持ち、負けず嫌いな自分でいたいです。今はまだ先がどうなるかわからないし、自分が何をしているかも分かりません。しかし、辛いことがあっても負けずに前を向いて日々前進しながら笑顔で過ごせてたら良いなと思います。そのためにも自分に厳しく時間を有効に使いながら、やるべきことはやり、自分の可能性を広げていきたいです。

橋本南はしもと みなみ

好きな言葉
「Going my way」
2020年の理想とGAPの埋め方
私の理想は、自分のビジョンを持って生きることです。忙しさで仕事や生活、恋愛等目先の事に囚われてしまうのではなく、常に自分のありたい姿に向かっていくようなパワフルな24歳でいたいです。しかし、現在の自分にはそのビジョンを叶えるためのhowが見つかっていません。自分1人では出来ないような事を小々馬ゼミのメンバーと一緒に経験することで、もっと自分自身を成長させ、そのhowを明確にしたいです。

長谷川千優はせがわ ちひろ

好きな言葉
「Have courage, be kind(人にやさしく勇気をもって)」
2020年の理想とGAPの埋め方
人生で一番楽しい時期だと思います。私たちは社会人2年目に相当する歳でもあります。また、東京オリンピックが始まる年でもあって、町や社会全体に影響あることになると思います。そんな中、私も社会に貢献できて、日本をより明るくしたいと思います。自ら行動してチャンスをつかんでいきたいです。

藤木明奈ふじき あきな

好きな言葉
「誰にでもチャンスは訪れている。 これがチャンスだって思うか思わないか。」
2020年の理想とGAPの埋め方
社会人2年目として働いてるであろう私は、まだまだ余裕がないとは思うが、1年目の自分よりも少しでも成長している部分があればいいと思う。また自分の仕事にやりがいを感じられる瞬間があることが1番の理想である。そのためにもゼミでの活動を積極的に参加し、有意義な学生生活を送りたいと思っている。

邨山航太むらやま こうた

好きな言葉
「急がずに、だが休まずに。」
2020年の理想とGAPの埋め方
2020年は社会人2年目として、仕事に慣れ始めた頃かと思います。理想としては社会人2年目にして他人に頼るだけでなく、自分の意志を持って行動し、さらに自分の行動で回りに影響を与える人間になりたいと思っています。そのために基本的な知識を学ぶとともに、「個」を持ちながら様々な人の繋がりを大切にすることで、社会の場での態度や行動を身に付ける必要があると思います。

山口華歩やまぐち かほ

好きな言葉
「人との出会いに感謝」
2020年の理想とGAPの埋め方
今の自分は、「この人が?この人で大丈夫?」と思われがちであるが、2020年の自分は、必要とされ頼られる唯一無二の存在となっていたい。社会人2年目で環境、周囲の仲間の変化に慣れ始め、自分の仕事に対して、がむしゃらに働いている時期だと思う。このころはセカンドトップをめざし努力しているはずだろう。セカンドトップとはトップの人を支える縁の下の力持ち的な存在で、「この人に聞けば大丈夫!この人だから任せられる!」と思われているはずだ。その為にも努力を惜しまず、縦の繋がり横の繋がりをふくめ多くのひととの出会いを大切にしていきたい。たとえ結果が希望どおりにいかなくてもその過程はムダではなく、次のステップにつなげ自分自身のスキルアップにつながっていることは間違いないと思う。

山下陽華留やました ひかる

好きな言葉
「一度やると決めたことは最後まで責任を持ってやり遂げる」
2020年の理想とGAPの埋め方
2020年、私は社会人2年目を迎え、社会人としての責任が求められている頃だろう。私は周りへの配慮ができ、信頼される人材になりたい。そのために、常に向上心を持ち、努力を怠らず、人との出会いを大切にしていきたい。
また短所として、後先を考えず思い立ったら即行動してしまう所がある。社会人になれば責任が今以上に問われるため、残りの大学生活を偉大な先生の元で様々な事を学び、やり遂げ、自分の経験値、責任感を上げていきたい。

山本彩織やまもと さおり

好きな言葉
「日々楽しく 日々笑顔」
2020年の理想とGAPの埋め方
4年後の自分は、社会人2年目になって様々なことに慣れてきている頃だと思います。1人の社会人として信頼され、多くの人との関わりを大切にしたいです。私は現在、人見知りであるから、それを克服し、多くの人と関わることで沢山の機会を得たり、沢山の知識を得ていきたいです。そして、色々とうまくいかないこともあると思いますが、すべてプラス思考に考えて何事も楽しく生きていきたいです。