About us / 小々馬ゼミ概要

トップページ > 小々馬ゼミ概要 > 教授プロフィール

小々馬 敦(こごまあつし)

産業能率大学 経営学部 マーケティング学科 教授
産業能率大学大学院 総合マネジメント研究科 教授

1960年 東京都 世田谷区 生まれ
1983年 青山学院大学 経営学部 卒業

「アメリカ経営学」「日本企業のマーケティング戦略の実証研究」を研究し、在学中に「学生広告論文電通賞」グループ研究部門 受賞
1983年 第一広告社 入社(現)I&SBBDO

ハウスホールド企業の営業、ブランド担当、メディアプラニングを担当

事業プロデューサーとしてスポーツ、音楽イベント、デザイナーファッションショー他の企画実施を監督、その後、経営/営業企画室に従事
2000年 インターブランドジャパン エグゼクティブコンサルタント

企業変革に関わるコーポレートブランディングのプロジェクトをリード。
2005年 プロフェット・ストラテジー 日本代表

ブランド論の提唱者として著名なD.A.アーカー氏が副会長を務める米国のマネジメント系コンサルタント会社の経営に参加。ブランド体系戦略、ブランドポートフォリオ戦略、およびタッチポイント戦略を切り口とするプロジェクトで日本企業の資産価値創造のマネジメントを支援。
2006年 フューチャーブランド 代表取締役社長

企業価値向上プロジェクトをリードする一方で、MBA大学院、企業内大学にてブランドマネジメントの啓蒙活動を行なう。
2010年 自身の会社である株式会社BRAND ENGINEERINGの代表として経営コンサルティング活動に従事。
2013年 産業能率大学 経営学部 入職

現在も、経営コンサルティングと並行して教授として、マーケティングおよびブランドマネジメントに関する専門講義を担当。
2014年 同大学 マーケティング学科に「小々馬ゼミ」を創立。

第1期生は21名。
2015年 産業能率大学大学院 総合マネジメント研究科 教授

産業能率大学 コンテンツビジネス研究所 研究員

JMA(日本マーケティング協会)
グローバルブランドマネジメント研究プロジェクト 創設
コーディネーター/アドバイザー

世田谷フューチャーセンター 創設 代表
ゼミ 第2期生 22名が参加。
2016年 日本広告学会 クリエイティブフォーラム2016
ポスターセッションにて
研究発表「金賞(学生の部)」受賞

Advertising Week Asia(六本木ミッドタウン)
トークセッションにスピーカーとして参加

ゼミ 第3期生 20名が参加。
2017年 「コーポレートブランディング塾」開講
ゼミ 第4期生 20名が参加。

その他の主な活動

2005年 「マーケティングコミュニケーション大辞典」(宣伝会議)執筆編集委員
2013年 「通勤大学MBAシリーズ ブランディング」共著

広告革新塾 ブランドマネジメント部門 講師

マーケティング研究協会 ブランドマーケティング 講師

日本ホテル教育センター ホテル産業経営塾

マーケティング&ブランディング 講師
2015年 筑波大学 グローバルリーダーキャリア開発ネットワーク
マーケティング&ブランディング講座 講師
2016年 「2020 マーケティングはこう変わる」
世田谷フューチャーセンター / 小々馬ゼミ 著
2017年 「2025 マーケティングはこう変わる」
世田谷フューチャーセンター / 小々馬ゼミ 著
JK研究マガジン「Lyceen」創刊