Project / プロジェクト

トップページ > プロジェクト

小々馬ゼミでは企業の商品開発やマーケティングチームにメンバーとして参加したり、企業が直面している実際のマーケティング上の問題を解決するために多様な専門性を有する実務家の方々と協働する「ハンズオン・プロジェクト」に取り組み、企業活動をライブに実体験することにより専門的な資質を高めています。

PB開発プロジェクト(ご協力企業:株式会社 丸井様)

お客様のニーズに寄り添い、お客様と一緒に作るプライベートブランドの商品開発(レディスシューズ、バック他)に参加し、ニーズ調査から、企画会議、サンプルモニター会など商品開発の全体のプロセスを体験学習しています。

PB開発プロジェクト

2020年の都市消費予測 未来の駅を考えるプロジェクト(ご協力企業:株式会社 ジェイアール東日本企画 駅消費研究センター様)

今から5年後の2020年。東京オリンピック以降の駅や駅ナカの環境や機能役割はどのように変化するのか。都市消費の変化を見据えて、未来の駅の姿を大胆に予測するプロジェクトです。

2020年の都市消費予測 未来の駅を考えるプロジェクト

缶コーヒーブランドのリ・ブランディングプロジェクト(ご協力企業:飲料メーカーおよび広告会社)

缶コーヒー市場は男性をターゲットとして自販機とCVSを主戦場としていたが、CVSのカウンターコーヒーの台頭と同期して冷蔵ケースのフェイススペースが減少するなど環境が激変し市場が低迷しており各ブランドともに生き残りの凌ぎ合いの状況にある。本リブランディングプロジェクトでは、缶コーヒーのブランド戦略(誰に、どんな価値を、どのように提案するのか)を根本的に再考察し、新たな顧客層に缶コーヒーがもたらす新しい意味の気付きを与え、ありそうでなかった新商品のアイディア(コンセプト、ネーミング、パッケージデザインなど)および上市マーケティング計画を考案します。

缶コーヒーブランドのリ・ブランディングプロジェクト

不動産業界 ビジネス研究(ご協力企業:不動産企業 各社)

一口に「不動産業界」と言っても、その業務の範囲は不動産の販売のみならず、何もないグリーンの土地の将来価値を見極めて、オフィスビルや商業施設、マンションから流通倉庫などの施設開発を行い、運営し、施設経営を受託するなど多岐にわたっています。

REIT(Real Estate Investment Trust)、不動産投資信託など、公衆から調達した資金を不動産に投資して産業を興すなど社会的に意義の大きな役割を担っています。不動産業界各社の活動や考え方を取材し、「より良い世界」に貢献する不動産業界の役割について研究します。