卒業記念式典&パーティー 2017年3月7日於/東京ディズニー・シー ホテルミラコスタ
卒業記念式典&パーティー 2017年3月7日於
/東京ディズニー・シー ホテルミラコスタ
卒業記念式典&パーティー 2017年3月7日於/東京ディズニー・シー ホテルミラコスタ
卒業生からのメッセージ
塚田汐里

塚田汐里
1期生 2017年卒業

学生時代の思い出
小々馬ゼミでは、通常の学生生活では得られないようなインプットの機会を何度も与えて頂きました。その中でも最も印象に残っているセミナーがあります。 それは宇佐美 清さんのキットカットのインサイトマーケティングについての講義です。ターゲットの高校生が共感する価値観のポイントを押さえて、 キットカットに「お守り」の意味を与えて受験シーズンの定番とさせたプロモーションについてのお話しを聞き、 「マーケティングとブランディングで、こんなに面白いことができるのか。」と感銘を受けたのを覚えています。 きっとあのとき(瞬間)には、私だけでなくゼミ生みんながときめいていたのではないでしょうか。 このような経験ができたのは学生時代の中で大変貴重であったと卒業してより一層強く感じています。
後輩へ贈る言葉
自分が「ときめく」ことを信じてみたらいいと思います。色々挑戦する中で、「これはときめく、 こっちはのめり込めない」とか、 どんなことに自分のわくわくが反応するのかが見えてくると思います。自分のわくわくやときめくものに思いっきり時間を使えるのが学生の特権です。
そして、大人に反論できるのも学生の特権です。言っていることがおかしいって思ったら反 論してみてください。 だいたい、嫌な顔をされますが、自分の意見を自分の言葉で伝えられることが大事なのではないかなと思っています。
田中大智

田中大智
1期生 2017年卒業

学生時代の思い出
将来どんな仕事をしたいのか?イメージがついていませんでしたが、 ゼミ活動で広い視野を持つことができました。また社会人になった現在、 「マーケティングが楽しい!」と心から思えるのは、学生時代にたくさんの経験をして学ぶ事ができたからだと思います!
後輩へ贈る言葉
たくさんの世界を見て、多くの経験ができる。そして、自分のやりたい事を見つけ、成長出来るのが小々馬ゼミだと思います!ぜひ一緒に切磋琢磨して高め合いましよう!
福島明佳

福島明佳
1期生 2017年卒業

学生時代の思い出
【マーケティングってなに?】小々馬ゼミでの一番の思い出はマーケティングとは何なのかという基本の“き”を考え抜き、 私たちなりの答えを導き出した時間です。 その答えはマーケティング職に携わっている今の私のベースになっています。
後輩へ贈る言葉
【マーケティングをもっと学びたい!】社会に出た今こそ心から思うことです。 だから学生の今勉強しな!と言っても心に響かないのはよ〜〜く分かるので、卒業してもマーケティングってなんだろうねって話し合えるような絆を深めてください♪
森川真季

森川真季
1期生 2017年卒業

学生時代の思い出
米国に留学に行ったこと。色々な文化に触れることができたこと、色々な国のことを知れて、世界中に友達ができたことがなによりの思い出です。
後輩へ贈る言葉
与えてもらっている沢山のチャンスを逃さないで欲しい。 そして、大学生活悔いのないよう思いっきり楽しんで!
青木彩夏

青木彩夏
1期生 2017年卒業

学生時代の思い出
ゼミで取り組んだ様々なプロジェクトです。小々馬先生は私たちに数多くの機会を与えてくれます。 流通企業の商品開発チームに実際に入れていただいた「PB開発プロジェクト」では、商品開発の現場で学ぶことができました。 実践的に多くの学びが得られた貴重な経験は、現在企業のマーケティング部署で働く基礎となっています。
後輩へ贈る言葉
とにかく時間を大切にして欲しいです!学生生活という限られた時間の中で、 今の自由な時間をどう過ごすのか。今しかできないことがきっとあると思います。全力で学んで全力で楽しんで、充実した学生生活を送って欲しいです!

卒業生 2期生(2018年3月卒業)

卒業生からのメッセージ
会田悠登

会田悠登
2期生 2018年卒業

学生時代の思い出
『すべての過去は、未来への準備』。これは小々馬ゼミに入った際、メンバー紹介に載せる好きな言葉に私が選んだものです。
小々馬ゼミでは、通常のゼミでは体験できない様々なプロジェクトや機会を通してマーケティングやブランディングに携わる経験をすることができました。 この1つ1つの経験により私はマーケティングの楽しさ、そして無限大の可能性を信じてマーケティングに関する仕事に就こうと思いました。
後輩へ贈る言葉
自分の決断に素直になって言動してみて下さい。私はその結果の良し悪しに関わらず、全てが正解だと思います。 自分の人生は、自分の決断によって得る経験からでしか形作れないと思います。そのため、様々な体験をして濃い時間を過ごしてください。 それが将来のビジョンに繋がる良い過去になると思います。
川口浩毅

川口浩毅
2期生 2018年卒業

学生時代の思い出
最後に、ゼミのみんなで仲良く、笑って卒業できたことです。
私たちは、たくさんぶつかり合ってきました。崩壊寸前までいった中で、辛い思いや、きつい思いをした人も居るはずです。
しかし、どんなことがあっても仲間を尊重し、支え合い、乗り越えることができたので、今の私たちがあります。
学生最後に、辛かったことも楽しかったことも、学生時代の思い出を一生の仲間と共に笑顔で振り返りながら卒業できたことが、ゼミ長としても最大限の思い出であり、幸せす。
後輩へ贈る言葉
時間と仲間を大切にしてください。
私は、時間の使い方が全てだと思います。どのように時間を使うかは自由ですが、時間を有効に使える人間になってください。
また、仲間がいるだけで、自分の人生が限りなく良くなります。
一生の仲間を大切にしてください。
清水優花

清水優花
2期生 2018年卒業

学生時代の思い出
小々馬ゼミの活動として取り組んだ様々なプロジェクトも思い出に残っていますが、何よりも思い出として残っているのは、 プロジェクトを行う中でのゼミ生のみんなとのディスカッションや、小々馬ゼミのことについて話し合いをしたことです。
小々馬ゼミに入った頃は、様々な価値観の人が集まっている中で、お互いの価値観を尊重できずにいましたが、みんなが本気で向かい合って、話し合いをしたからこそ、今、かけがえのない心から信頼できる仲間になりました。
社会人になると、いろいろなことを気にしなければいけなくなり、このように、みんなが同じ立場で本気でぶつかって、思ってることを言い合ったりすることは、できなくなるのかなと思うので、学生のうちに、 みんなが真剣に向き合って本気で向かい合える仲間に出会えて幸せでした。
後輩へ贈る言葉
「周りの人をがっかりさせない」
この言葉は、尊敬する人が教えてくれた、私の人生の目印です。心が折れそうなときに、この言葉を思い出すと、もう少し頑張ろう!と思えるし、どうしたらいいか迷っている時の軸にもなります。みんなにも、この言葉を心のどこかに留めておいてほしいです。
私も、小々馬先生をはじめ、小々馬ゼミの仲間をがっかりさせないように頑張っていきます。
杉山莉奈

杉山莉奈
2期生 2018年卒業

学生時代の思い出
小々馬先生と出会えたこと
私の大学生活を素敵なものに変えてくれました。
たくさんの人と話をする機会や普通では経験できないことを経験させて頂き自分の将来に対する考え方や人と接していく姿勢が変わりました。
先生や小々馬ゼミのみんなのおかげて充実した大学生活を送れたことが1番の思い出です。
後輩へ贈る言葉
「周りの人をがっかりさせない」
悔いのない学生生活を送ってください!やりたいと思ったことは出来ない、時間がないと思っても挑戦してみて下さい。そして自分のここだけは負けないなあと思う1番を見つけてほしい!
大学生活を大切に全力で楽しんでください!
長山彩季

長山彩季
2期生 2018年卒業

学生時代の思い出
小々馬ゼミのメンバーは一人一人意見をしっかりと持っていて、プロジェクトや話し合いが熱かったことです。 まとめるのが大変なことが多かったけど、そのおかげで自分自身の成長にも繋げることができたし、みんなが集まった時のパワーはすごいです。 いつか一緒に仕事をしたい、協力し合いたいと思える仲間に出会えて本当に良かったと思っています。
後輩へ贈る言葉
興味のあることにたくさん挑戦して欲しいです。時間と体力がある今のうちに思いっきり楽しんで、充実した大学生活を過ごしてください!!!
東浦和志

東浦和志
2期生 2018年卒業

学生時代の思い出
ゼミの仲間たちと過ごした様々な時間です。
ゼミの仲間たちとは多くの時間を過ごしました。
ゼミ活動はもちろんのこと、大学の授業中、休日の遊び相手ですらもゼミ生と過ごす時間が本当に多かったです。
ゼミ活動に各々が本気で取り組めたことが信頼し合える関係になれた大きな要因だと思います。
ゼミの仲間たちとは一生付き合っていけたら良いなという風に思います。
後輩へ贈る言葉
ゼミ活動に取り組む上で出来る仲間を大事にして欲しいです。
ゼミにコミットをすればする分だけ、返ってくるリターンは大きいものです。
その大きなリターンの一つがここで出来る仲間だと思います。
ぶつかることも多いかと思いますがそういった、腹を割って話せる仲間を大事にし、数十年単位の長い交友関係がこのゼミ生同士でより多く誕生することを願っています。

卒業生 3期生(2019年3月卒業)

卒業生からのメッセージ
池高智弘

池高智弘
3期生 2019年卒業

学生時代の思い出
2つのプロジェクトを同時進行で進め、ゼミがチームとなり、辛い時も楽しい時も共有できたことです。チームで動くということは社会人になっても必ず必 要になってくることなので、経験できて良かったです。
また、外部では宣伝会議のコピーライター養成講座に通い自身の夢を実現するため注力しました。結果、コピーライターにはなれませんでしたが、夢であったCMを作る仕事に携わることができたのでチャレンジしてみて本当に良かったです!
後輩へ贈る言葉
将来やりたいこと(夢)が決まっており、目の前に夢に近づくことができるチャンスがあるのであれば、必ず惜しまずチャレンジしてみて下さい。
チャレンジした結果が思い通りにいかず、失敗したとしても必ず夢には近づいています!絶対に!
なので、迷っている人は絶対にチャレンジしてみて下さい!
大城凛香

大城凛香
3期生 2019年卒業

学生時代の思い出
「日常」です。ゼミの時間やみんなと授業を受けたりお昼を食べる時間、ゼミのパーティー。残りの回数や時間なんて意識せず、あるのが当たり前だと思っていたそんな時間が何よりの思い出だったと感じています。
そんな日常が何よりも恋しいと感じる今、卒業したくないもっとみんなと一緒に過ごしたいとつい感じてしまいます。小々馬ゼミに入り、先生や3期生に出会えたことが私の大学生活1番の財産であり、誇りです。
後輩へ贈る言葉
当たり前だと思っている日常を大切にしてほしいです。どんな過ごし方をしても残りの時間は変わらないし、同じように流れていきます。そんな限られた時間の中で、自分のためにそして自分の味方でいてくれる人のために何ができるのか考えてみてほしいです。
小々馬先生が作ってくださるチャンスや出会いも、自分を助けてくれる仲間も、今の環境は全部当たり前ではないし自分だけではできないことばかりです。 だからこそ、やらなきゃいけないことはしっかりこなして、やりたいことはもっと欲張って、当たり前の日常を大切に過ごしてほしいです!
柏木風我

柏木風我
3期生 2019年卒業

学生時代の思い出
小々馬ゼミで行ってきたプロジェクトは他では味わえない経験だらけだったなと改めて思います。皆が個性的で、時には言い合いをしたり投げやりになったり凹んだりした反面、楽しかったり嬉しかったりする思い出もたくさんありました。良くも悪くもパワー漲るゼミ生達と活動することができたことは私の財産です。
“今まで出来なかったことが出来るようになっていく” 成長を身を以て実感することのできたゼミ活動。素敵な時間を過ごした僕は幸せ者だなと感じます。
後輩へ贈る言葉
「一生もんの友」を見つけてみてください。私はゼミの中で見つけることができました。
1人で全て解決できる人もいるかもしれませんが、それはほんの一握りだと思い ます。なんでも話せる仲間や協力し合える仲間。そういった仲間がいるだけで私生活や考え方も変わってきます。
そして “今しか出来ないこと” に全力を尽くしてみてください。遊びも勉強も後悔のない学生生活を送れることを願っています。
川口稜太

川口稜太
3期生 2019年卒業

学生時代の思い出
ゼミ長として活動したことは大きな財産になっていると心から感じています。
小々馬ゼミのメンバーはそれぞれが多種多様な意見・コミュニティを持ち、「個性が強い」という言葉がチープに聞こえるほど魅力的です。 とても良いことですが、だからこそ優先順位の違いや意見の食い違いから揉めることも多々ありました。それでも、他人の多様な価値観を受容することが出来るようになったこと、自分含め人のモチベーションの上げ方など得られたスキルは多く、総じて自己成長に繋がったと思います。
後輩へ贈る言葉
何事も自分に正直に全力で取り組んで欲しいと思います。
先生がよくおっしゃるように、チャンスは偶然ではなく必然的に訪れます。やるかやらないかは自分次第ですが、多くの機会に恵まれている小々馬ゼミという環境を最大限に活かせるように常にアンテナを張っておいて下さい。
何か迷う事があれば是非頼って下さい。出来ることがあれば全力でサポートします!
清原功貴

清原功貴
3期生 2019年卒業

学生時代の思い出
小々馬ゼミでのプロジェクトを通して、多くのことを学び、経験したこと。また、様々な人と出会えたことが、学生時代の一番の思い出です。
ゼミでの多くの経験があったからこそ、自分自身を大きく成長させることができました。
小々馬先生やゼミの仲間たちと過ごした時間は、私にとってかけがえのない宝物になりました。
後輩へ贈る言葉
最初からできないと諦めず、積極的に色々なことに挑戦してみてください。たとえ挑戦した結果が上手くいかなかったとしても、それはマイナスにはなりません。
多くの経験を積めば積むほど、卒業する頃には”ひとまわりも、ふたまわりも成長することができた”と実感するはずです。今この瞬間、一分一秒を大切に、ゼミの仲間たちと悔いの残らない充実した時間を過ごしてください。
清水ケイト

清水ケイト
3期生 2019年卒業

学生時代の思い出
個性の強い仲間に出会えたことです。
プロジェクトを通して、多くの時間を一緒に過ごしました。価値観の違う仲間と話し、自分一人では思いつかない意見や物事の捉え方を学ぶことができました。
また、小々馬先生のおかげで普通だったら大学生では経験できないことや学内に留まらず社会人の方々との繋がりを作ることができ、強く刺激を受け、小々馬ゼミに入って良かったと思いました。
後輩へ贈る言葉
私が伝えたいことは「なにをするかより誰とするか」を大事にして欲しいです。 小々馬ゼミに入って来る人たちは、目標は違えど、なにか同じものを持っている魅力的な人だと思うので、そういう仲間を大切にしてください。そこから得るものは大きいと思います。