Ambassadors / アンバサダーページ

トップページ > アンバサダーページ

価値観は、みんなそれぞれ。だからこそ、チームワークが楽しい。だからこそ、新しいアイディアが生まれる。 アンバサダー5期生:中島敦輝、斎藤有紗、能見勇仁、渡辺萌、渡邉昴、熊谷栞萌菜

小々馬ゼミを目指すみなさんへ

”小々馬ゼミに入りたい”。
年々期を重ねるごとに強い想いを持った学生からのご相談をたくさん頂くようになりました。 私たちが掲げているビジョンと価値観(マインド)に共感していただける学生が増えていることに大きな喜びを感じています。

私たち小々馬ゼミは「想い」を同じくする同志。 「縁」によって参集した仲間で結成されています。 そして、「The Sky is The Limit .可能性は無限大。」「マーケティングで世界をハッピーに」という信念のもとで、 それぞれの価値観を尊重しひとり一人が主体的に活動を愉しんでいます。 チームワークによる成果を積み重ねることでゼミのアイデンティティを確立し大学外からも評価を頂くに至りました。

ゼミの選考は入試とは違いゼミが学生を成績順に選択するわけではありません。
ゼミが学生を選ぶのではなく学生が主体であり自身の将来なりたい姿(ビジョン)を考え抜き、 その実現のために必要な専門スキルを育てられる最適な環境を選択するキャリア・マッチングの機会だと捉えています。 だからこそ、私たちは皆さんに小々馬ゼミを選択していただくために、私たちが共有している「想い」、私たちがみなさんに何を提供できるのか、 それを信じていただくだけの活動の事実について正しくお伝えするために、毎年「アンバサダーチーム」を組織しています。大学生活の分岐点であるゼミ選択。 みなさんが真剣になるように私たちも真剣に向き合います。

私たちのゼミに興味を持っていただけたら、小々馬ゼミに入って何がしたいのか、ゼミ活動を通して何を実現したいのか、 ひいては、自分の人生の中で大切なものは何なのか考えてみてください。 そして、「無限大の可能性に挑戦してみたい!」そんな想いが高まりましたら躊躇なく私たちのもとに飛び込んできてください。 好奇心やチャレンジ精神が旺盛な人ほど、活躍のフィールドは無限に広がりたくさんの機会に巡り会うことができるはずです。 もし、迷っていることがあれば一緒にお話ししましょう。

ゼミ活動についてご質問や相談がありましたら
下記メールアドレス、LINE@までお気軽にお問い合わせください。
みなさんの1学年先輩の5期生アンバサダーチームがお答えいたします!

メールアドレス→kogoma5.ambassador@gmail.com
LINE@→line://ti/p/@dcz7482l

LINE@

Section 1

アンバサダーとは?

小々馬ゼミと「想い」を同じくできる学生を仲間にする組織です。

オープンゼミやゼミ説明会、アンバサダーページを通じて 私たちが共有している「想い」、私たちがみなさんに何を提供できるのか、 それを信じていただくだけの活動の事実について正しく伝えます。

大学生活の分岐点であるゼミ選択。
みなさんが真剣になるように私たちも真剣に向き合います!

Section 2

– アンバサダー紹介 –

中島 敦輝Nakajima Atsuki
ゼミでの役職|
ゼミ長、アンバサダー、WAO(イベント企画)
前ゼミ|
高原ゼミ(ゼミ長)
サークル|
無所属
アルバイト|
寿司屋の板前、スペイン料理のバーテンダー
好きなこと|
ゲーム、動画を視聴すること、
ご飯にいろんな人と行くこと
興味のある業界|
広告、コンサルティング、動画関係
ゼミでの役職
ゼミ長、アンバサダー、イベント企画
前ゼミ
高原ゼミ(ゼミ長)
サークル
無所属
アルバイト
寿司屋の板前、スペイン料理のバーテンダー
好きなこと
ゲーム、動画を視聴することご飯にいろんな人と行くこと
興味のある業界
広告、コンサルティング、動画関係

<将来の目標>

自分が理想とする自身の目標を常に追いかけ続けられること!

<ゼミの好きなところ>

横の繋がりだけではなく、縦のつながりや幅広い沢山の繋がりの下で、能動的にプロジェクトなどに参加したりする中で、自己の成長を実感できる!言い始めたらキリがないくらい、たくさんの良さが詰まっているところ。

渡邊 昴Watanabe Subaru
ゼミでの役職|
アンバサダー、広報
前ゼミ|
中田ゼミ
サークル|
エンターテイメント・ラボ
アルバイト|
サッカー、ソサイチ、フットサルのレフリー
好きなこと|
体を動かすこと、スポーツ観戦
興味のある業界|
スポーツ、出版
ゼミでの役職
アンバサダー、広報
前ゼミ
中田ゼミ
サークル
エンターテイメント・ラボ
アルバイト
サッカー、ソサイチ、フットサルのレフリー
好きなこと
体を動かすこと、スポーツ観戦
興味のある業界
スポーツ、出版

<将来の目標>

自分の好きなことの良さを世の中に発信すること!

<ゼミの好きなところ>

雰囲気があったかいところ。みんなの仲がすごくいいところ。
やるときはやる、遊ぶときは遊ぶのメリハリがすごくうまくできて、 お互いを高め合いながらみんなで成長していこうという姿勢をみんなが持っているところ。

齊藤 有紗Saito Arisa
ゼミでの役職|
アンバサダー
前ゼミ|
松尾(佐山)ゼミ
サークル|
La-vita
アルバイト|
銀座の懐石料理屋
好きなこと|
メイクの研究、化粧品
興味のある業界|
化粧品、広告
ゼミでの役職
アンバサダー
前ゼミ
松尾(佐山)ゼミ
サークル
La-vita
アルバイト
銀座の懐石料理屋
好きなこと
メイクの研究、化粧品
興味のある業界
化粧品、広告

<将来の目標>

思いやりで人を幸せいっぱいにする。

<ゼミの好きなところ>

意見を尊重し合えるところ。
個性が強いけど、共創できるところ!

渡辺 萌Watanabe Moe
ゼミでの役職|
アンバサダー
前ゼミ|
松尾(佐山)ゼミ
サークル|
産能祭実行委員(イベントセクション)
アルバイト|
レストラン、カラオケ
好きなこと|
お笑いをみること
興味のある業界|
メディア
ゼミでの役職
アンバサダー
前ゼミ
松尾(佐山)ゼミ
サークル
産能祭実行委員(イベントセクション)
アルバイト
レストラン、カラオケ
好きなこと
お笑いをみること
興味のある業界
メディア

<将来の目標>

笑える毎日にすること

<ゼミの好きなところ>

刺激が多くて、考え方が拡がるところ!
笑える!楽しい!面白い!

能味 勇仁Noumi Hayato
ゼミでの役職|
アンバサダー、WAO(イベント企画)
前ゼミ|
水島ゼミ
サークル|
無所属
アルバイト|
居酒屋、塾講師
好きなこと|
映画鑑賞、友達とご飯を食べに行くこと
興味のある業界|
コンサルティング
ゼミでの役職
アンバサダー、WAO(イベント企画)
前ゼミ
水島ゼミ
サークル
無所属
アルバイト
居酒屋、塾講師
好きなこと
映画鑑賞、友達とご飯を食べに行くこと
興味のある業界
コンサルティング

<将来の目標>

多くの人を幸せにし、自分も幸せでいること!

<ゼミの好きなところ>

切磋琢磨できる仲間がいること。
話していて、楽しいところ!
今まで知らなかった新しいことに出会える機会がたくさんあるところ!!

熊谷 栞萌菜Kumagai Namona
ゼミでの役職|
アンバサダー
前ゼミ|
水島ゼミ
サークル|
産能祭実行委員(イベントセクション)
アルバイト|
アメリカンレストラン、
渋谷のファッションビルの社内資料の作成
好きなこと|
ファッション雑誌を見比べる、映画鑑賞
興味のある業界|
映画関係、広告
ゼミでの役職
アンバサダー
前ゼミ
水島ゼミ
サークル
産能祭実行委員(イベントセクション)
アルバイト
アメリカンレストラン、
渋谷のファッションビルの社内資料の作成
好きなこと
ファッション雑誌を見比べる、映画鑑賞
興味のある業界
映画関係、広告

<将来の目標>

出会う人たちとの「ご縁」を大切にする
自分のなるべき姿を描き続けられること

<ゼミの好きなところ>

自分の持っていない考えがあふれているところ
チャンスがたくさんあるところ

Section 3

– 先輩たちの志望動機 –

回答者|5期生鹿角梨夏

回答者|5期生
鹿角梨夏

ゼミに入ったら、自信を見出せていない現状の自分を変えるために、自分のアイデンティティを明確にし、 将来はそれを活かし社会で活躍する人材になるという目標を立てました。
この目標の実現、自分自身の成長ができる環境であると強く思い志望したのが小々馬ゼミです。
小々馬先生の研究室を訪問した際、ゼミで養うスキルは、環境の変化に左右されないものにするという未来社会の動向を考えたサポートがあるのを知り、 自分の軸となるアイデンティティを養える環境であると強く感じました。
また、ゼミ生は大学生活での学びだけで関わるのではなく、ゼミで養ったスキルを社会に出て活かす中で、 先生と仕事相手としていつかは取り組みたいという先生の理念を知り、感銘を受けました。
回答者|5期生田中佑季

回答者|5期生
田中佑季

僕が小々馬ゼミに入った理由は、先輩への憧れと嫉妬でした。

2年生前期の僕は、【なにか大きなことがしたいけど何をすればいいかが分からない】そんな悩みに直面していました。 悩んでいるところ友達に小々馬ゼミを紹介されました。オープンゼミで出会った4期生のゼミ長は、 1年生の後期から自分のやりたいことに対して全力で取り組んでいて、話し方で分かるくらい、日々への輝きが見えました。 その時に、「このゼミに入ればこの先輩のようになれるのかもしれない、いいや、絶対にこの先輩を抜かしてやりたい!!!」と本気で思いました。
私はゼミ活動を通じて、自分の行動、言動で人を巻き込めるような人材になり、在学中に誰も考えられないような大きなことを成し遂げてみせます!
回答者|5期生若林春奈

回答者|5期生
若林春奈

私が小々馬ゼミを志望した理由は、自分の知っている世界だけではなく幅広い世界を知ることができると感じたからです。
私は現在将来就きたい職業や取り組みたいことが決まっていません。 大学生になり、周りの学生たちが自分の将来をどうしていきたいか決めている中で決まっていない自分に焦りを感じています。 また私は経験や知識が浅く、今まで自分の見えた視界だけで挑戦をしてきました。オープンゼミや個別説明会に参加し、 小々馬先生や先輩方の話を伺う機会をいただき、「自分の知っている世界以外の様々なことを知りたい、 挑戦していきたい!好きなことや、興味のあることを増やしたい!」と思いました。
自分の興味のあることにも、そうではないことにも挑戦し、小々馬ゼミで数えきれないほどの沢山の経験をしたいです。 そして自分の得意なことを増やして、小々馬ゼミで自分自身を成長させたいと思います。
The Sky is The Limit

Section 4

– ゼミでの活動を終えて –

回答者|3期生柏木風我

回答者|3期生
柏木風我

【学生時代の思い出】
小々馬ゼミでの2年間は他の大学生活では経験出来ないような事をいくつも経験することが出来ました。 その中でも私は企業様との協働ヘアケアプロジェクトにてリーダーを務めさせていただきました。
「ビジネスであること」による緊張感と責任感を実際に背負いながらの貴重な経験が出来たと共に、 組織で行動することの難しさや価値観を尊重することの大切さを身を持って実感することが出来ました。 この経験は今の私「柏木風我」を築く大きなピースになっていると言い切れます。そのくらい人として何倍も成長出来たと思っています。

【後輩へ贈る言葉】
小々馬ゼミの良さは個性の豊かさです。それ故、時に合わないと感じる時が来るかもしれませんが、 それをポジティブに捉えるかネガティブに捉えるかで大きく変わってきます。 しかしそういった時こそ他人の価値観を尊重してみてください。きっと最高の仲間と最高なサクセスストーリーを駆け抜けることが出来ると思います。 良い意味で「喜怒哀楽」のすべてを養うことができ、どこにも負けない程充実した大学生活を送ることの出来るゼミであると心の底から胸を張って言えます。
回答者|3期生川口綾太

回答者|3期生
川口綾太

【学生時代の思い出】
ゼミ長として活動したことは大きな財産になっていると心から感じています。
小々馬ゼミのメンバーはそれぞれが多種多様な意見・コミュニティを持ち、「個性が強い」という言葉がチープに聞こえるほど魅力的です。 とても良いことですが、だからこそ優先順位の違いや意見の食い違いから揉めることも多々ありました。 それでも、他人の多様な価値観を受容することが出来るようになったこと、自分含め人のモチベーションの上げ方など得られたスキルは多く、 総じて自己成長に繋がったと思います。

【後輩へ贈る言葉】
何事も自分に正直に全力で取り組んで欲しいと思います。
先生がよくおっしゃるように、チャンスは偶然ではなく必然的に訪れます。やるかやらないかは自分次第ですが、 多くの機会に恵まれている小々馬ゼミという環境を最大限に活かせるように常にアンテナを張っておいて下さい。 何か迷う事があれば是非頼って下さい。出来ることがあれば全力でサポートします!
回答者|3期生榎本椎名

回答者|3期生
榎本椎名

【学生時代の思い出】
まず、小々馬先生と20人の大切なゼミの仲間に出会えたことです。 プロジェクトや合宿などを通して本気でぶつかり合い、本気で楽しみ合えることが出来たことが一番の思い出です。 そんな仲間たち、そしてプロジェクトで沢山の企業の方との出会いを通しPRで多くの消費者に良い影響を与えたい!という将来のビジョンを持つことが出来ました。

【後輩へ贈る言葉】
全てに本気で取り組むことを大切にして欲しいです。時間は想像以上にあっという間です。 期限に追われ、責任に追われ、苦しいこともあるかもしれないけれど、一生懸命楽しむこと、その過程こそが夢に繋がると実感しました。 そしてたまにはなにも考えずに全力で遊ぶこと!(笑)なにかあったら沢山周りを頼って、一緒に成長していきましょう。
The Sky is The Limit

Section 5

– Q & A –

回答者|中島敦輝 5期生

回答者|5期生
中島敦輝

Q

小々馬ゼミではどんなことが学べますか?

A

小々馬ゼミはマーケティングとブランディングの専門研究ゼミです。
先人たちが創造した、マーケティングの考えを単に受け入れる“学習”ではなく、 能動的にマーケティングを学び、得た知識を基にマーケティングを次世代に貢献できる「新しいマーケティング」の姿を創り出す”研究”を行っています。
“学習”では「マーケティングの基本のき」から学び直し、さらにマーケティングの在り方そのものに関して、ゼミの仲間と徹底的に考え抜いて自分たちの言葉で定義します。
これにより商品開発や販売促進に留まらないマーケティングの本質を腹に落とすことができます。
“研究”では腹に落ちたマーケティングの本質から実務家の方との協働プロジェクトに取り組むことで、次世代に向けた実践的なマーケティングを活用することができます。
その他にも、ゼミ内にはゼミをより良くするための役職があります。そこで、企画力を伸ばすことができたり、マネジメント力なども養うことができます。 また、小々馬先生が様々な業界の特徴やキャリアについて教えてくださるので就職(キャリア開発)に向けての力をつけることもできます!
自分次第では、数え切れないほどの学びを獲得できる絶好の環境です!!

回答者|能味勇仁 5期生

回答者|5期生
能味勇仁

Q

小々馬ゼミの魅力は何ですか?

A

小々馬ゼミの最大の魅力は、1人1人が主体的に取り組んで活動しているところ、そして社会とのつながりが強いところです。
小々馬ゼミでは企業訪問や企業の方とお話をする機会が多くあります。また、数多くあるプロジェクトから各自取り組みたいものを選ぶことができるので、 興味のあるプロジェクトに力を注ぐ事ができます。
実際に先輩とのプロジェクトに一緒に参加させていただき、今までで知らなかった業界のことや、企業の人にプレゼンするときのレクチャーなどもいただき、 貴重な体験をさせていただいております。
係やプロジェクトでリーダーを任されることや、 話し合いで自分の意見が尊重されるなど1人1人活躍できる場が多いため、 実際に企業で働いているかのように活動でき、就職後も能力の発揮を望めます。 多くの機会に恵まれているため、きっと目指すものが見つかります!

回答者|齋藤有紗 5期生

回答者|5期生
齊藤有紗

Q

将来の目標や夢が決まっていなくても大丈夫ですか?

A

大丈夫です!
今のうちから将来の夢を明確に持って頑張っている人もいますが、もちろんまだ決まっていないという人もたくさんいます!
小々馬ゼミは夢や目標を見つけることができるゼミです!小々馬ゼミの活動に積極的に取り組むことで得られる経験や、 ゼミの仲間からうける多くの刺激がたくさんあり、それによって自分を成長させることができます。 成長することで見える世界が変わりきっと自分なりの目標や夢が見つかります!

回答者|渡辺 萌 5期生

回答者|5期生
渡辺 萌

Q

いつ頃から小々馬ゼミを志望し始めましたか?またゼミに入るために頑張ったことは何ですか?

A

5期生が志望すると決心した時期は以下の通りになります。
1月以前/9名、2月/0名、3月/0名、4月/0名、5月/4名、6月/5名、7月/5名 以上23名

私が小々馬ゼミに入るために努力したことは情報収集をすることです。
私は小々馬ゼミに入ろうと決めたのが遅かったため早くに決めていた人よりも情報量が少なかったです。そのため先生、先輩方、友達からたくさん話を聞くようにしました。
例えば、先生の研究室に行ってプロジェクトについて詳しく聞いたり、サブゼミを見学させていただいて実際に先輩方の様子を見てどういうゼミか情報を集めるようにしました。
また直接先輩方ともお話をさせていただき不安なことや、心配なこと、疑問に思ったことなど質問をたくさんして小々馬ゼミについて知るようにしました。
行動し始めたのが遅かったため、周りの人よりも遅れていると感じていました。しかし自ら行動することで遅れている部分は補うことができました。不安もあると思いますが頑張っていきましょう!

回答者|ゼミ生一同

回答者|ゼミ生一同

Q

小々馬先生ってどんな人?

A

<心が広い!>
ゼミ生のことをとても気にしてくれて、考えてくれる。私たちを見てくれる眼差しが優しい!
プロジェクトや将来の面はもちろん、遊びやパーティーなども私たちのことを思ってくれるからのびのびと行動できる。

<ON OFFがしっかりしている>
仕事は仕事、ゼミはゼミ、遊びは遊びとしっかりとオンオフがはっきりしている。だから私たちも切り替えようと思えるし、見本になる!

<憧れ>
自分の思うように生きているから、私たちもこうやって仕事したいし、生きていきたいと思わせてくれる。
たくさんの経験があるから私たちの視野を広げてくれる。

回答者|小々馬先生

回答者|小々馬先生

Q

卒業生は、どのような企業に就職していますか?

A

1・2・3期生(2017/2018/2019年卒業)のキャリア傾向を紹介します。卒業生の合計は62名。

広告/PR会社 13名、マーケティング専門会社 10名、メーカー 6名、コンテンツ制作会社 4名、 教育/人財開発 4名、ビューティー/化粧品 4名、芸能/タレント 3名、IT/ソフトウエア 2名、 流通/小売り 3名、航空 1名、医療/ヘルスケア 1名、アウトソーシング 1名、飲食 1名、 商社 1名、不動産・商業施設 2名、空間プロデュース 2名、海外留学 2名、起業 2名

それぞれに様々な業界/業種を選択していますが、共通しているのは「マーケ ティングの専門家」として自身が成長できるキャリアを描いていることです。
卒業生から名刺をもらうと部署名や役職タイトルに、”マーケティング”というワードが入っていることがとても多くて嬉しく思います。
広告会社・PR会社・デジタルマーケティング会社、コンテンツ制作会社そして、マーケティング専門職を募集採用する企業を志望する学生が多いことが特徴かもしれません。

小々馬ゼミ「クレド」

小々馬ゼミ「クレド」

Q

ゼミ生に期待していることはありますか?

A

自身のタレント(才能)に気づき、その偉大な可能性を信じて限界なく発揮して欲しいです。
タレントは多様な価値観を持った仲間たちと切磋琢磨する環境でより大きく育って行きます。 ゼミ活動を通じて、感性の高い仲間と互いの個性を摩擦させることを「力」として新しいアイディアが生まれる喜び、チームワークの醍醐味を楽しみ成長することを期待しています。

将来はマーケティングの専門家を糧としてライフステージに応じて自分の進路を選択できる「心豊かな人生」を歩んで欲しいと願っています。

求めることは「思い」の共有です。
十人十色の価値観を尊厳しながらもゼミ活動においては、志やありたい姿のゴールを合意しておこうという理念です。 ホームページに公開していますが、私たちの信念(Our Belief)を記述した「クレドカード」を携帯し全員で「思い」を共有しています。 明文化している「世界の人々をハッピーにする新しいアイディアを生み出していく」というビジョン、 そして「誠実に」「オープンマインドで」「共創する」という価値観を大切にゼミ活動を存分に楽しんで欲しいです。

小々馬ゼミ一同、みなさんと出会えることを楽しみにしています!

The Sky is The Limit